落ち込んだ心をゆっくりでも立ち直らせよう

うつから立ち直るためのヒント

落ち込んだ心・うつからの立ち直り方が書いてある本を紹介

 

立ち直るためのヒントになる本を紹介

 

落ち込みやすかったり、そこから立ち直れない時は、一人で無理をしないで、無理なく少しずつ立ち直れるために、心の専門家からヒントを得るのも一つの手です。

 

こんな簡単な事でいいの?と思ったりすることでも、効果があったという事を知らなければ、専門家が効くと保証してくれなければ、実践するまでに至れない事ってあると思います。

 

心の専門家から正しい立ち直りの知識を得て、改善への一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

鍋田恭孝さんのうつ病がよくわかる本

 

この本にはうつ病についての知識が得られるのはもちろん、うつ病治療のために必要な方法がのっています。

 

どんな時、どんな性格の人がにうつ病になりやすいのか、とか、生き方の見直しに、その人のうつ病になった原因となる事の解決などが書かれていてとても参考になります。

 

うつ病の方だけでなく、うつ病の方の知り合いの方などの周りの方にも是非読んで知っていてもらいたい本です。

 

 

 

人生が楽になる心の立ち直り術

 

この本は、頑張りすぎて心が疲れたり、落ち込んだりしている方に特に読んでいただきたいです。

 

強いこだわりを持っていたり、頑張りすぎて、怒りっぽくなったり、悲しみやすかったり、神経が張り詰める時間が長くなり、神経が磨り減ったりと。

 

頑張ることで、細かいことにまで気を配ることで、仕事などは成果がより上がりますが、その反面、心が疲れやすくなっている状態になるという悪い面もあります。

 

この本を読んで、穏やかな気持ちを取り戻しましょう。

 

 

たった2分で凹みから立ち直る本

 

色々な場面で心がへこむ事があります。

 

そのへこんだ状態からうまく立ち直ることができるようになるための、70の言葉のヒントが書いてある本です。

 

仕事場でのへこむこと、お金が無くなった、友達との事、恋愛など辛い時の自分を励ますための言葉がギッシリ詰まっています。

 

 

 

立ち直りの本を、そばに置いておいて

 

落ち込みやすい方は、立ち直りの本をカバンの中や、部屋に置いておいて、落ち込むことがあった時にすぐに読める状態にしておきましょう。

 

そうすることで、立ち直るまでの時間が短縮されたり、自分には落ち込むことがあってもこの本が付いていてくれていると、少しの安心感を与えてくれることにもなります。

 

是非実践してみてください。