質の良い睡眠のために必要な事

寝つきが良くなるコツをまとめました

不眠で悩んでいる方、疲れが取れないという方は是非、参考にどうぞ

 

安眠のために取り組むこと

 

今の睡眠より、より深い眠りについたり、寝つきを良くしたり、疲れをスッキリ取るには、睡眠前や睡眠時に行ういくつかのコツがあります。

 

安眠のために役に立つ事をいくつか集めてみましたので、参考になればと思います。

 

  • 安眠に必要な栄養
  • 生活習慣の改善
  • 部屋の環境

 

など、これから紹介する不眠対策の方法を試してみて、睡眠の質を上げて、日頃の溜まっている、疲れや眠気を吹き飛ばしましょう。

 

寝つきが良くなるコツ記事一覧

寝る前のTVはNG?

TVやパソコンの光の刺激が眠る時の邪魔になる安眠の敵それはTVの光寝る前にTVやパソコン、ケータイなどの光を目で見ると、睡眠の妨げになり、寝つきが悪くなるそうです。交感神経や副交感神経の関係で、簡単に言うと光の影響で、覚醒状態になって、寝れなくなるそうです。これではせっかく安眠枕やマットレスがあって...

≫続きを読む

 

カフェインの持続時間は以外に長めなので、お昼以降は取らない

不眠対策にカフェインについて少し知ろう晩御飯にコーヒーはNG眠るときにカフェインによる覚醒効果があれば、寝つきが悪くなる、深い眠りが得られないのは当然のことです。だから不眠で悩みたくない方は、寝る前にコーヒーや栄養ドリンクを事はないでしょう。しかしこのコーヒーに含まれているカフェインという成分は、以...

≫続きを読む

 

血行を良くして手足を温めると寝つきがよくなる

不眠対策には、寝る前に運動?手足を温めて安眠モードに入ろう血行が悪いと、不眠になりやすいそうです。といっても運動をしすぎて、体中燃焼モードに入ってしまっては、今度は体が熱いのと興奮で眠れません。なので、適度な、いえ、適度にもならないくらいの軽めの準備体操くらいのレベルの運動で血行を少し良くして、寝つ...

≫続きを読む

 

寝る前に頭の整理をしてから眠りにつけば寝つきが良い

不眠の原因は精神的なこともある、意識的に改善に取り組もう安眠のためにイライラやソワソワを自分で何とかしようなんかイライラしていたり、ソワソワしたりすることがあります。この状態では眠りについてもなかなか寝付けません。イライラやソワソワの原因は意外と突き止めて、言葉にしてしまうと落ち着けることがあります...

≫続きを読む

 

食べた後すぐ寝るのは、睡眠にもダイエットにも良くない

食べて寝るのは、ダイエットの敵であり、そして安眠の敵でもある食べた後に寝ることで良いことなんか無い眠りの質を上げたい、寝て疲れをきちんと取りたいと思っている方は、食事後にすぐ寝る習慣があればすぐにやめるようにした方が良いと思います。理由は、消化にエネルギーが使われて、本来寝ている時に回復する機能が弱...

≫続きを読む

 

部屋の模様を青色にして鎮静作用で寝つきを良くしよう

今よりも寝つきを良くしたい方は、青色に注目しよう寝室の模様を変えて、不眠を解消する方法青色や水色には鎮静効果があるのでこれを利用して、寝室などに青色を増やして、不眠改善に役立てましょう。壁紙を張り替えれば、かなり青色を足すことができます。でも壁紙を変えるのは結構、大変ですね。取り組みやすく広さを取っ...

≫続きを読む

 

部屋の換気と空気清浄機で、ぐっすり眠れる環境作り

汚く臭い空気では、気分も悪く、病気にもなるそして元気もなくなるので、空気清浄機を使おう。空気清浄機を使って、ホコリや臭い、ウイルスの無い部屋を作ろうハウスダストを調べていると、空気中にはホコリはもちろん、ダニの死骸もいるそうです。布団や畳などから大量に発生したダニがやがて死んで、空気中にいるという事...

≫続きを読む

 

肥満を改善して、睡眠時のいびきや無呼吸状態を減らそう

浅い眠りの原因、いびきや睡眠時無呼吸症候群を改善するためにダイエットを始めよう肥満改善は不眠改善脂肪がたまっていくと、胸や首周りにも脂肪が溜まっていくため、寝ている時に気道がふさがれやすくなり呼吸の障害になったり、呼吸が止まったりするそうです。寝ている時は体が休んでいるので、筋肉が緩んでいて気道が狭...

≫続きを読む

 

メラトニンを増やす食事に変えて、睡眠をちゃんと取れるようになろう

食事でメラトニンを増やして、睡眠を改善しようメラトニンを増やして快眠生活メラトニンというのは、簡単に言うと眠りに関係しているホルモンです。トリプトファンをもとにして作られているので、なるべくトリプトファンがいっぱい含まれている物を摂取するようにしましょう。トリプトファンを含む食事トリプトファンを多く...

≫続きを読む