空気清浄機で不快感を消して睡眠の質を上げる

空気清浄機の画像

汚く臭い空気では、気分も悪く、病気にもなるそして元気もなくなるので、空気清浄機を使おう。

 

空気清浄機を使って、ホコリや臭いの無い部屋を作り睡眠環境を整える

臭いを嫌がっている女性の画像
ハウスダストを調べていると、空気中にはホコリはもちろん、ダニの死骸もいるそうです。

 

布団や畳などから大量に発生したダニがやがて死んで、空気中にいるという事らしいです。

 

またそのダニのフンも空気中に大量に浮いているので、これを吸い込んでも体に悪いし、アレルギーの元になるそうです。

 

このホコリやダニを吸い込んでアレルギーになったりする人がいます。

 

こんな環境では、体の調子がおかしくなったりしてもしょうがないですよね。鼻がムズムズしたり、咳やくしゃみが出る中で安眠はとてもできないと思います。

 

ホコリダニの死骸やフン

 

また、他にもウイルスがいます。

 

ウイルスを吸い込むと風邪のもとになりますから、当然吸い込んだ方が良いです。風邪ひいた状態で寝つきを良くして睡眠の質を上げ熟睡することは到底できません。

 

空気清浄機でウイルスを吸い込んでいれば、風邪をひくことが少なくなりそうですね。

 

臭いの問題もあります。家の臭いや食べ物の臭い、ペットの臭い、体臭の臭いと気になってしまうと不快な気分になる方は、その場で睡眠をとるのも難しそうです。

 

これらハウスダストやウイルスや臭いは、空気清浄機を睡眠をとる部屋に設置し使用することで解決に向かいます。

 

これらが原因かもと思い当たる方や、良い空気の中で寝たいと思う方はぜひ茎清浄機の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

空気清浄機を使って、睡眠によって心も体もリフレッシュできる状態を作ろう

普段からいい気分で過ごすためにも、健康に過ごすためにも、空気清浄機を使いましょう。

 

また加湿機能があるのを選ぶと、乾燥を防げるので、のどの乾燥や肌の乾燥を防げて健康に良くて良いです。冬など乾燥が気になって眠れない、起きるとのどが痛いという冬の睡眠中のトラブルの解決には加湿機能付きの空気清浄機を選ぶのがおすすめです。

 

どんな空気清浄機を使えばいいのか?

空気清浄機の説明画像
基本的には空気清浄機は空気を吸い込むところと出すところがあり、空気清浄機のフィルターを通すことによってフィルターでハウスダストやウイルス、花粉、臭いを捕らえて、新鮮な空気だけにする機能です。

 

一番気にするのはフィルターの部分がしっかりしているか捕らえるだけでなく分解したり、臭いの脱臭機能も付いているのかもチェックしてから購入を考えましょう。

 

もう一つは対応面積です。使用する部屋が12畳あるのに、対応面積8畳の空気清浄機を使っても部屋全体の空気を清浄するちからはありません。

 

なので部屋の面積より広い対応面積の空気清浄機を購入して使うようにしましょう。

 

少しでも健康になり、体の調子を良くして、晴れやかな気分の毎日を過ごしましょう。