不眠解消のため寝室は青色にしましょう

色がもたらす心理的効果を使って、寝つきを良くする

今よりも寝つきを良くしたい方は、青色に注目しよう

 

寝室の模様を変えて、不眠を解消する方法

 

青色や水色には鎮静効果があるのでこれを利用して、寝室などに青色を増やして、不眠改善に役立てましょう。

 

壁紙を張り替えれば、かなり青色を足すことができます。
でも壁紙を変えるのは結構、大変ですね。

 

取り組みやすく広さを取っているのは、カーテンがあります。

 

他には布団やシーツ、それに寝巻などの寝具を青にすれば、より効果がありそうですね。

 

 

あと少し大変ですが、照明を青にすれば、部屋全体を青色で覆えます。

 

 

不眠のレベルに合わせて青を足していこう

 

あなたの不眠のレベルにもよりますが、もしも重度の不眠症で悩んでいるのなら、照明と壁紙・カーテンを青にして、少しでも改善を図ることをお勧めします。

 

それで睡眠導入剤を使うことが減る事を思えば、部屋の模様替えのめんどくささなんて大したことないという気持ちで、頑張って模様替えに取り組みましょう。

 

 

明るい色を取り除くことも忘れずに

 

逆に赤や黄色などの興奮や覚醒効果のある色を取ることも忘れずに行いましょう。

 

すぐに青色への模様替えの決心ができない時は、赤や黄色などを、せめて問題のない白などに変えて鎮静化を図りましょう。

 

 

色がもたらす心理への影響を利用して、最後には、安眠できるようになって、体も心も疲れがしっかりと取れる毎日になると良いですね。