不眠防止のためには寝る直前にTVはNG、対策しよう

テレビを消している画像

不眠防止のために、TVやパソコンのブルーライトなどの光の刺激が眠る時の邪魔になるのでNG、寝る何時間か前には消す習慣で、質の良い睡眠を取ろう

 

安眠の敵それは寝る前のTVの光

寝る前にTVやパソコン、ケータイなどの光を目で見ると、睡眠の妨げになり、寝つきが悪くなるそうです。

 

交感神経や副交感神経の関係で、簡単に言うと光の影響で、覚醒状態になって、寝れなくなるそうです。

 

メラトニンという睡眠に関係する物が減るからだと言われています。

 

これではせっかく不眠対策に安眠枕やマットレスがあっても、充分な睡眠がとれる状態にはなれなかもしれません。

 

寝る前にTVやスマホを消す習慣付けで不眠対策になる

逆に言えば、寝る前にTVやパソコン、ケータイを見るのをやめておけば、今よりは寝つきがよくなり安眠できるようになるという事です。

 

寝る1時間くらい前からは、TVを見ない習慣を身に着けてみましょう。

 

どうしても寝る前に、見たいTV番組がある場合は、その日に見るのを我慢して、録画で次の日に見るようにするのも良いですね。

 

TVを付けたまま寝てしまう事もある人は、さらにNG

 

またTVを見ていたまま寝る、いわゆる寝落ちという事になるとさらに睡眠が浅くなってしまう恐れがあります。

 

目の影響は寝ているからあまりないかもしれませんが、今度は音の刺激を寝ている間ずっと浴びていあれば、眠りが浅くなった分で不眠になるのも当然と言えると思います。

 

寝る前のスマホもTVみるのと同じで画面のブルーライトの影響を受けるのでNG

また対策に必要なのが寝るときのケータイ、スマホです。

 

どうしても買い物や調べものは気になったら、スマホ開いてしまいます。スマホも画面からブルーライトが発せられるので目への光の影響とメラトニンの減少の影響を受けることになります。

 

これも寝る1時間前までには、買い物や調べものを終えられるようにスケジュールを作って、寝るときにはスマホで調べたい事をなくしておくようにしましょう。

 

どうしてもTVを見ないのは無理な方は、ブルーライトカットの眼鏡をかけて不眠対策

他にも不眠対策としては、メガネのブルーライトカットの物を付けて、TV、やパソコン、スマホを見ることをお勧めします。

 

ブルーライト用でも、ブルーライト以外にも光をカットしているので、色々な意味で、目への光の影響が少なくて済みます。

 

つまり、普通に過ごしているよりは、光の影響を受けない分だけ睡眠しやすいという事です。

 

目からの光の刺激を軽減して、今より質の良い睡眠を取って日頃のストレスや疲れを少しでも取れると良いですね。

 

ブルーライトカット率は眼鏡によってばらつきがあるので注意が必要です。

 

ネットショップなどで「ブルーライト」「メガネ」などで検索して調べるといくつもブルーライトをカットする眼鏡が出てきます。価格をザックリ見ると1,000円台からあるので簡単に購入できそうです。

 

商品の説明の所を見てみると、ブルーライトカット率50%とかUVカット率99%とかちゃんと書いてあります。このブルーライトカット率という数字がなるべく高い物を購入すると良いと思います。

 

夜寝る前に見ているTVはブルーライトカット率が高いメガネをかけてみるようにして、少しでも光の影響からの不眠を防ぎましょう。