寝る前の光は安眠の敵

寝る前に気を付けることの1つは、TVやパソコンを見ないこと

TVやパソコンの光の刺激が眠る時の邪魔になるので、寝る何時間か前には消す習慣で、質の良い睡眠を

 

安眠の敵それはTVの光

 

寝る前にTVやパソコン、ケータイなどの光を目で見ると、睡眠の妨げになり、寝つきが悪くなるそうです。

 

交感神経や副交感神経の関係で、簡単に言うと光の影響で、覚醒状態になって、寝れなくなるそうです。

 

これではせっかく安眠枕やマットレスがあっても、充分な睡眠がとれる状態にはなれません。

 

寝る前にTVやスマホを消す習慣付けを

 

逆に言えば、寝る前にTVやパソコン、ケータイを見るのをやめておけば、今よりは寝つきがよくなり安眠できるようになるという事です。

 

寝る1時間くらい前からは、TVを見ない習慣を身に着けてみましょう。

 

どうしても寝る前に、見たいTV番組がある場合は、その日に見るのを我慢して、録画で次の日に見るようにするのも良いですね。

 

それと何といっても対策に必要なのが寝るときのケータイ、スマホです。

 

どうしても買い物や調べものは気になったら、スマホ開いてしまいます。

 

これも寝る1時間前までには、買い物や調べものを終えられるようにスケジュールを作って、寝るときにはスマホで調べたい事をなくしておくようにしましょう。

 

どうしても無理な方に対策として、ブルーライトカットの眼鏡をかけるというのもあり

 

他にも対策としては、メガネのブルーライトカットの物を付けて、TV、やパソコン、スマホを見ることをお勧めします。

 

ブルーライト用でも、ブルーライト以外に光をカットしているので、目への光の影響が少なくて済みます。

 

つまり、普通に過ごしているよりは、睡眠しやすいという事です。

 

目からの光の刺激を軽減して、今より質の良い睡眠を取って日頃のストレスや疲れを少しでも取れると良いですね。