安眠のためにコーヒーはお昼休みまで

カフェインの持続時間を知って、睡眠時に効果を受けないようにしよう

不眠対策にカフェインについて少し知ろう

 

晩御飯にコーヒーはNG

 

眠るときにカフェインによる覚醒効果があれば、寝つきが悪くなる、深い眠りが得られないのは当然のことです。

 

だから不眠で悩みたくない方は、寝る前にコーヒーや栄養ドリンクを事はないでしょう。

 

しかしこのコーヒーに含まれているカフェインという成分は、以外にも長い時間の効果が続くので、注意が必要です。

 

 

カフェインの持続時間

 

カフェインの持続時間を調べてみたら、調べどころによってさまざまでした。

 

6時間から8時間というところもあれば、最大10時間というところもありました。

 

これは、多分摂取した個人によって持続時間が異なるからという事もあると思いますが、けっこう長い持続時間だということがわかりました。

 

 

晩御飯にコーヒーもだめ

 

最低6時間だとすれば、晩御飯時にカフェインを取っても、安眠の妨げになってしまいます。

 

それどころか、持続時間が長かったらと考えると、夕方くらいに取るのも危ないですね。

 

仕事が終わってからはコーヒーなどは飲まない方がよさそうです。

 

 

お茶もカフェインが豊富に含まれている

 

コーヒーだけでなく緑茶・紅茶にもカフェインが含まれています。

 

ご飯の時についつい一緒に取りたくなるお茶ですが、晩御飯の時は、安眠のために我慢するようにしましょう

 

 

カフェインを取る時間を今よりも早めに取るように改善して、今よりも睡眠の質を良くすることに努めましょう。