カフェインの持続時間を知って、お昼くらいまでにして不眠対策

不眠対策にカフェインについて少し知ろう

 

コーヒーや栄養ドリンクなどに含まれているカフェインは、眠気を取ってくれて、眠いのに働かなくてはいけない時などに役に立ってくれます。

 

晩御飯時から寝るまでにコーヒーはNG

眠るときにカフェインによる覚醒効果があれば、寝つきが悪くなる、深い眠りが得られないのは当然のことです。

 

だから不眠で悩みたくない方は、寝る前にコーヒーや栄養ドリンクは飲むのはやめた方が良いでしょう。

 

しかしこのコーヒーに含まれているカフェインという成分は、以外にも長い時間の効果が続くので、注意が必要です。

 

カフェインの持続時間

カフェインの持続時間を色々な専門サイトで調べてみたら、調べどころによってさまざまでした。

 

6時間から8時間というところもあれば、最大10時間というところもありました。

 

これは、多分摂取した個人によって持続時間が異なるからという事もあると思いますが、けっこう長い持続時間だということがわかりました。

 

晩御飯にコーヒーもだめだから、お昼以降はカフェインは控える

最低6時間だとすれば、晩御飯時にカフェインを取っても、安眠の妨げになってしまいます。

 

それどころか、持続時間が長かったらと考えると、夕方くらいに取るのも危ないですね。

 

仕事が終わってからはコーヒーなどは飲まない方がよさそうです。

 

仕事の途中、お昼休みくらいにカフェインを取るのを最後にしてそれ以降は控えれば、持続時間の影響をうけずにすみそうです。早いと思う方もいるでしょうが、不眠で悩んでいるのなら、試してみる価値はあるのではないでしょうか?。

 

それで少しでも不眠の悩みが改善できればと思います。

 

お茶もカフェインが豊富に含まれている

コーヒーだけでなく緑茶・紅茶やウーロン茶にもカフェインが含まれています。

 

ご飯の時についつい一緒に取りたくなるお茶ですが、晩御飯の時は、安眠のために我慢するようにしましょう

 

チョコレートにもカフェインが含まれているので注意

他には、チョコレートにもカフェインは含まれています。飲み物だけ気を付ければいいと思っていると落とし穴です。

 

という事は、夜にスイーツとしてチョコが入っているのもあまり食べない方が良いという事になります。

 

我慢できない方は、寝不足の時、不眠の日が続いてツライ時などは、コーヒーなどと同じくお昼以降は控えて、ぐっすり寝れた次の日の夜に食べるなど工夫しましょう。

 

カフェインが効かない体質の方もまずは取らないで見る習慣に変えてみる

 

毎日コーヒー飲んでて慣れてて効かないからという方もいるかもしれませんが、眠りの深さ、浅さを考慮に入れたら、少なくともカフェインを取らない方が、深く眠れると思いませんか?またカフェインの利尿作用などで、寝ている途中に起きる心配も減ると思います。

 

カフェインを取る時間を夜まで飲むのではなく、今よりも早めのお昼くらいに取る事を一日の最後にして、今よりも睡眠の質を良くすることに努めましょう。