質の良い睡眠のために必要な事

弱めの運動で体を温めて、血行を良くすれば寝つきがよくなる

不眠対策には、寝る前に運動?

 

手足を温めて安眠モードに入ろう

 

血行が悪いと、不眠になりやすいそうです。

 

といっても運動をしすぎて、体中燃焼モードに入ってしまっては、今度は体が熱いのと興奮で眠れません。

 

なので、適度な、いえ、適度にもならないくらいの軽めの準備体操くらいのレベルの運動で血行を少し良くして、寝つきをいつもよりよくしましょう。

 

 

ストレッチが不眠対策にちょうどいい

 

動くというより伸ばす、さらに体を柔らかくすることで血行が良くなる。

 

という事で、ストレッチが1番適した対策になると思います。

 

疲れや、体のこりや筋肉のこわばりも和らぐので、一石二鳥になるからです。

 

 

他にもラジオ体操のような動的なストレッチも良いと思いますが、ついつい力が入りすぎてしまってしまうと興奮して寝つきが悪くなる可能性もあるため、私としてはあまりお勧めできません。

 

 

2、3個こりや痛みなどが気になるところを一つのストレッチをします。

 

1つのストレッチに60秒ほどかけて体を温めつつ、体の痛みを和らげて、楽な気持ちの状態になったら、そのまま布団に入って寝ましょう。

 

 

これでいつもよりは、少しは寝つきが良くなると思います。

 

ぜひ試してみてください。