二万円以下のちょっと高い安眠枕ランキング

二万円以下限定の安眠枕おすすめランキング

2万円以下のちょっと高価な安眠枕おすすめランキング、1万円以下の枕を試してみてダメだった方へ、より質の高い枕を

 

六角脳枕

2万円以下、一万円台では1番人気の六角脳枕

 

レビュー数も高く米国睡眠医学界の認定もある六角脳枕

 

評判

160社以上に取り上げられた、テレビや雑誌でも多数取り上げられた実績ある人気安眠枕です。

 

機能

寝返りを打っても、首や肩が負担にならないように設計されていて、呼吸がしやすく、寝ている間に息苦しくならないそうです。
また、ほどよい揺らぎを与えて寝心地をよくしています。素材は、低反発のマイクロウェーブ素材で作られていて、通気性、肌触りが良く、寝返りを打っても負担が少ない

 

価格は約19,000円送料が無料です。

 

 

西川エアー枕

三次元特殊立体構造コンディショニングピローエアー

 

アスリートに向けてしっかり睡眠がとれるように作られた西川産業のエアーですが、もちろん一般の方でも質の良い睡眠を取れます。

 

機能として

頭圧分散がしっかりできています。特殊な波形型のウレタンを使っていて、低反発と高反発の両方の特性がある素材です。

 

頸椎保持機能もついていて、凹型で両サイドを高めに作っているので、くぼんでいるところに頭を乗せると、頸椎の部分が枕にぴったりフィットしてズレを防ぐそうです。クッション性も高いので、寝返りもさまたげずに楽にできるそうです。

 

 

合う高さと硬さが、それぞれ2タイプの枕から選べるようになっています。
硬さは、やわらかめのスウィートとかためのタフの2種類から、高さは高めのハイと低めのローから選べます。高さは、さらに差し込むシートを使って3センチまでの調整ができるようになっています。
好みの方というよりは、自分の頭、首にあった方を選びましょう。

 

価格は約14,000円送料が無料です。

 

 

エアウィーヴ

マットレスでもおなじみの信頼性抜群のエアウィーヴの枕

評判マットレスでおなじみのエアウィーヴですが、枕もあって人気も高いです。

 

機能

機能としては、エアウィーヴと同じで、高反発です。それとU字型のコアが入っていて、自分の首の大きさに合わせて位置を変えることができるようになっています。これで首の安定を図ることができるというわけです。またシート状になっているコアを抜くことによって、高さの調節もできるようになっています。

 

枕のタイプとしては、スタンダードタイプとS-LINEがあります。S-LINEのほうが首のストレートネックを防げるタイプになっていて機能が高いですが、その分少し価格が上がっています。

 

価格は、送料が無料約15,000円です。

 

 

テンピュール

テンピュール枕のプレミアム版オンブラシオピロー

 

世界の70か国で販売されている安心の製品

 

評判

病院やホテルなどで使われている信頼性の高い、テンピュール枕のプレミアム版です。X字型の枕が特徴的です。

 

機能

うつぶせ寝で寝ても首や背中の負担が少なく、またテンピュール素材によって体圧分散も優れています。

 

価格は約18,000円と他のテンピュール枕と比べると少し高めですが、送料が無料なので送料の負担を考えれば、普通のテンピュール枕を購入するよりこちらのプレミアム版のオンブラシオピローのほうがお勧めです。