トゥルースリーパープレミアケアとマニフレックスCAMOの違いは何?

マニフレックスのマットレスや敷布団とトゥルースリーパープレミアケアを比べて違いを明らかにしました。

トゥルースリーパープレミアケアとマニフレックスCAMOを比較


マニフレックスにある種類の中で、まずは二万円台の敷布団のマニフレックスCAMO(カモ)と、トゥルースリーパーのプレミアケアを比べてみましょう。

 

マニフレックスCAMO(カモ)とは
マニフレックスのCAMOは敷布団です。マニフレックスシリーズでは価格が安い方で二万円台の価格です。

 

トゥルースリーパープレミアケアはトゥルースリーパープレミアムのリニューアル版です。

 

ではそれぞれの機能やらなにやらを見てみましょう。

 

高反発と低反発の差

まず初めにはっきりさせたい違いは、反発力です。

  • マニフレックス敷布団CAMO(カモ)は高反発マットレス
  • トゥルースリーパープレミアケアは低反発マットレス
です。

体重が重い方は高反発が、軽い方は低反発が向いているといわれています。

元々、反発力が普通のマットレスを使っている方にはどちらも今までよりは反発力がある分だけ、体圧分散効果を得られるので快眠できると思います。

 

普通のマットレスと比べればですが。

 

マニフレックスCAMO(カモ)のサイズ、重さ、

マニフレックスCAMOはシングル、セミダブル、ダブルサイズが有ります。サイズと重さは

  • 横が98cm
  • 縦196cm
  • 厚さが8.5cm
  • 重さが5.8s
サイズと重さをトゥルースリーパープレミアケアと比べると

トゥルースリーパープレミアケアはシングル、セミダブル、ダブル、クイーンのサイズと重さは、

  • 横97cm
  • 縦195cm
  • 厚さ5cm
  • 重さ4.6s
です。

マニフレックスCAMOとトゥルースリーパープレミアケアのサイズを比較するとマニフレックスCAMOの方が

  • 横が1cm長く
  • 縦が1cm長く
  • 厚さが3.5cm厚みがあり
  • 重さが1.2s重いです。

厚さが3.5cmもあるのはポイント高いですね。あとは重さですが、厚さがある分重いというのであれば、特別マニフレックスCAMOが重いという事ではないことがわかります。

 

縦と横は1cmしか差がないので、使っている時の実感は何も変わらないくらいだと思います。

布団やマットレスの色

カモはホワイト、ライトブルー、グリーンの三種類から選ぶことができます。

 

トゥルースリーパープレミアケアはベージュ色一色です。

耐久性を比較する

ドイツの工業規格の耐久性テストをクリアしているお墨付きの耐久性です。

 

基準をはるかに上回りクリアと記載されているので、耐久性に自信ありという事で良いと思います。

 

トゥルースリーパープレミアケアと耐久性を比べると

プレミアケアは耐久性テストをしたという記載はありませんでした。

 

ありませんでしたが、前のバージョンのトゥルースリーパープレミアムが20万回の耐久性テストをクリアと記載されています。

 

またパワーアップバージョンのトゥルースリーパープレミアケアプラスは16万回の耐久性テストをクリアと記載されています。

 

という事を踏まえて考えるとプレミアケアだけ耐久性が悪いという事は無いと思います。が記載がないのでちょっと自信ないのかもと思いました。

本体やカバーは洗えるかを比較

マニフレックスはカバーは洗う事ができます。本体はダメです。トゥルースリーパープレミアケアも同じく本体はダメですが、カバーは洗うことができます。

どちらも本体は無理で、カバーが洗えるという事でした。

抗菌、防ダニ機能があるトゥルースリーパープレミアケア

マットレスに抗菌効果と防ダニ効果があるのがトゥルースリーパープレミアケアです。

 

マニフレックスCAMOには販売サイトなどを見ても抗菌、防ダニ機能に関しては記載されていませんでした。

 

どちらもマットレス本体は洗うことができないので、この機能が付いている方のマットレスは少しは安心できますね。

 

レビュー内容を見て違いを探る

それぞれの販売店のレビューを少しだけ見てみましょう。
マニフレックスCAMOを購入した方のレビューをみると

  • 一日目から快眠できました。
  • 朝起きた時の腰痛が気づいたら無くなっていました。

というレビューがありました。

 

トゥルースリーパープレミアケアのレビューを見ると

  • 朝の腰痛が緩和された
  • 寝心地が良くなりました

というレビューがありました。

 

両方のレビュー内容を比較してみると、腰痛や安眠に効果がある事を実感した方がいました。

 

レビューは個人の感想なので、全員に当てはまるわけではないです。もちろん効果が実感できない方もいます。
ですが参考にはなると思うので少し記載しました。

 

品質保証と保証期間の差を知る

  • マニフレックスCAMO(カモ)は三年の長期の品質保証
  • トゥルースリーパープレミアケアは一年の保証

比べると2年くらいマニフレックスの方が保証期間が長いです。

マニフレックスCAMO(カモ)とトゥルースリーパープレミアケアの価格を比較

 

マニフレックスCAMOの価格は約28,000円前後
トゥルースリーパープレミアケアは約27,000円前後と価格を比べると1,000円くらい高いくらいです。

まとめ、大きな違いはこれ、結果どちらがお勧めか?

ここまで色々比較してみましたがでは違いのあるところはどこで、どのくらいかをここでまとめたいと思います。

 

大きな違いとして

  • サイズや重さは厚さがマニフレックスCAMOが3.5cm厚い分1.2s重い
  • 色はマニフレックスは3色あるがトゥルースリーパープレミアケアは一色。
  • 品質保証期間がマニフレックスCAMOの方がトゥルースリーパープレミアケアよりも3年で2年長いです。
  • 返品保証がトゥルースリーパープレミアケアが60日もある事が大きな違いです。お試しできるという事です。
  • 抗菌で防ダニ機能があるトゥルースリーパープレミアケア、マニフレックスの方はとくになし
とこんなところです。

 

ほとんど変わらない所

  • サイズの縦、横幅は1センチしか違いません。
  • 価格はその時によって変わりますがどちらも同じくらいでした。
  • 耐久性どちらも10何万回も耐久テストをおこなっているそうです。

 

結論、私はトゥルースリーパープレミアケアがおすすめ

結論としてはプレミアケアの方が、私は良いと思います。

理由としては、抗菌、防ダニ機能があるというところが、日本の気候で使うには必要だと思ったからです。

 

マニフレックスの方が保証期間が長いですが、長く使うと考えれば考えるほど、本体が洗えないマットレスに菌やダニに対する備えがあるかどうかは重要な事だと思いました。

 

また耐久性や価格があまり変わらないからという事もあります。

 

圧倒的にどちらかが耐久性があったり、価格が安かったりすればそちらの方が気になったと思うのですが、同じくらいだと思うと抗菌、防ダニの方が良いかなと思いました。

 

人によってはマニフレックスが良い方も

私は防ダニ、抗菌が決め手でプレミアケアが良いと思いましたが、人によっては、下に敷く布団も皮用と思っていたから、マニフレックスの敷布団一個で済むからとマニフレックスCAMOを選ぶかたもいると思います。

 

また保証期間が二年も長いから、マニフレックスの方にしよと思う方もいると思います。

 

マットレス選びの参考になればと思います。