安眠を妨害する壁は鼻呼吸の質にある

寝ている時の鼻呼吸を良くすることで、安眠に向かう

鼻腔ストレッチャースージーで無呼吸症候群、いびきを改善して、安眠できるようになろう

 

睡眠時にうまく呼吸ができなければ回復どころではない

睡眠時に呼吸が止まることがあるっていうのは、ご存知でしたか?

 

健康をテーマにしたTV番組で何度か見かけたことがあるので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

 

睡眠時無呼吸症候群ってやつです。

 

睡眠という脳も体も休息モードに入って、回復をする。

 

この大事な睡眠時に一時的にも呼吸が止まって、酸素が充分に体に流れなかったら、回復どころではありません。

 

逆に疲れがたまってしまいます。

 

この状態では、どんなに質の良い安眠のための寝具を揃えても不眠は改善されません。

 

いびきをかくのも、鼻でうまく呼吸ができてないという事ですから、効率のいい睡眠はできていないと言ってもいいと思います。

 

この睡眠時の鼻呼吸の改善に取り組みましょう。

 

 

鼻腔を広げる道具を使って、鼻でちゃんと呼吸ができるようにしよう

 

 

鼻を挟んだりして鼻腔を拡張して、呼吸しやすくする物があります。

 

色々ありますが、いくつか紹介します。

 

いびきがうるさいと言われたことがある方、寝てもなぜか疲れが取れないという方は1度これらの器具を試しに使ってみることをおすすめします。

 

これを付けて寝始めてから、疲れが取れる、前よりぐっすり眠れるようになったという結果になれば、睡眠時無呼吸症候群だったという事です。

 

そしてそれを知ったと同時に、改善されたという事になります。

 

診断ついでに使ってみたい方、少しでも呼吸がよくなって、睡眠の質を上げたいという方は是非一度試しに使って睡眠を取ってみてください。